Logo 法律相談

AsylumStatus.com VISA・不法滞在生活脱出 永住権 グリーンカード

アサイラム - 人道支援プログラム:概要

日本の将来を考えての移住 - 枠に囚われない生き方を目指して

アサイラム (Asylum) とは、移民法に定められている一般的な就労や就学また結婚などと同様に、人道支援というカテゴリーに分類される滞在資格であり、合法的にアメリカに滞在が可能なだけでなく、ゆくゆくは永住権申請も可能なステータスです。

世界で最も住みやすい国と言われている日本においても、様々な諸事情により住みづらいと感じている人が増えてきています。先進国として近代的国家になった日本は新たらしい問題に対する法の整備や改善が追い付かず、一部歴史的な背景から古い慣習やタブーなど一般的に周知されている差別、また近年取り沙汰される様になったLGBTQをはじめとする新しい感性を受け入れられない体制など、まだまだ対応が不十分であると言えます。

アサイラムは通常のビザと異なり、学歴や職歴を含む経歴に左右されることなく申請が可能です。アサイラムステータスにおいては申請時の状況が現在も継続していることを訴える、それがアサイラムというステータスを維持するための方法です。そのため申請の際には、弊社の専門スタッフとアサイラム専門の人道支援弁護士がお客様の申請内容を慎重に吟味し、より強固なものに再構築しての申請を行うサポート体制を構築しております。

2006年より日本において文化的、社会的な問題を抱え、日本では生きていくことが困難であるという方々を対象に、弊社は日系の法律サービスとして初めて特別な支援を行ってきました。アサイラムを申請するということは、日本という国において、様々な理由、状況下で生活が困難であるということを論理的に主張し、アメリカという新しい地で、安全かつ安心に過ごしてゆくということが目的です。

現在日本国内にいる日本人も、アサイラムステータスの対象になります

日本において生活が困難であるという状況は一言では表せないほど多種多様なものです。

一例としては、危険とみなされる個人・組織・団体の危害から避難する必要性に迫られている人々。同性愛(ゲイ・レズビアン)、性同一性障害などの理由から社会的に差別を受けている人々。いじめ、差別、虐待、風俗、麻薬など特定のグループから抜け出したい人々。集団性を重んじる日本の文化的、伝統的な慣習から個人の意志が尊重されず、結果として迫害につながってしまうケースなど様々な問題があります。このようなケース内容からアメリカへの移住を希望する方々もアサイラムステータスのケースとして該当いたします。

アメリカにおいて最も尊重されているのは、集団ではなく個人であり、個人の意志を最も尊重する風土が完成されています。そのため、個人の自由が脅かされる虐待や犯罪での被害、集団による個人に対する圧力、迫害などは大問題とされています。文化的背景を重んじ、集団性を美徳とする日本で生まれ育った私達が普通であると考えている内容も、「非常に深刻な人権問題である」と重視される場合が多いです。

人道支援のためのステータスであるアサイラムは、アメリカに合法で滞在が出来るだけにとどまりません。アメリカという国で生活していくために社会保障番号 (Social Security Number)、労働許可証の発行に始まり、米国内での自由な就労や社会保障の受取などビザを持っている人々では不可能な内容も、(もしくは該当する条件を満たすために保持しているビザの種類の変更切替えが必要になる場合など)、可能となります。もちろん運転免許証や銀行口座の開設なども問題なく出来ます。未成年の子供を連れての申請なも可能。アサイラムはビザではなく、アメリカという国に守られ、今後アメリカで新たな生活をスタートしてゆく“駆け出し移民者”なのです。またアサイラム認定をされると、一定期間後に永住権の申請も可能となります。勿論、そこから市民権(米国籍)を申請することも出来ます。